プロミスではインターネットから融資を申し込むことができます。この場合でも当然ながら審査が行われますが、この審査の過程で必ず行われることのひとつに「在籍確認」があります。プロミスでは融資を行うための条件として

 

安定した収入を得ていること」というものがあり、その条件を満たしているかどうかを調べるために勤務先への在籍確認を行っています。


プロミスの在籍確認を行うための方法としては、勤務先に直接電話連絡をするといったものですが、もちろん「プロミス」と名乗って電話をすることはありません。必ずしもプロミスからの電話の際に本人がその場にいなければならないといったこともなく、その勤務先で働いていることがわかれば在籍確認は完了となります。

とはいえ、勤務先にプロミスから連絡が入ることそのものに変わりはありませんので、

 

できれば電話連絡を回避したい!


と考えるのも当然といえば当然です。そこで、プロミスへの申込時に、

 

勤務先への電話連絡をしないという旨を相談するという選択も可能です。


インターネットによる申込の場合は、身分証明書などの必要書類を一括でデータ送信するといった手続きを行いますが、その中に収入証明書として源泉徴収票や給与明細など「勤務先」が確認できる書類を添えることで在籍確認とすることができます。

プロミスにとっては、申し込んできた人がその勤務先で働いていることが確認できればそれが在籍確認となりますので、必ずしも電話をかけなければならない、というわけではありません。

また、在籍確認が行われるのはプロミスの審査手続きの中でも最終段階であり、勤務実態以外の部分での与信判断はほぼ完了していると考えることもできます。

もちろん必ずしも電話連絡が回避できるというわけではなく、プロミスが必要と判断した場合には電話連絡が行われることもあります。それでも不安だという人にとっては電話連絡をしない相談ができるという選択があるのは、プロミスならではのメリットといえるかもしれません。