プロミスの瞬フリは、急いでお金を用意してほしい時にとても便利な機能です。瞬フリの相談をしてからものの数秒でお金が入金されるということなので、本当に「今すぐ」お金が欲しい場合には助かりますよね。

ここまで便利な瞬フリですが、実はこれを利用するために条件があることをご存知でしょうか。プロミスの便利な瞬フリをさらに便利に活用するためにも、しっかりと内容は確認しておきたいですね。まず瞬フリで注意しておきたいのが

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行

の口座のみ対応している、という点です。

 

しかし全銀システムの稼働時間拡大ににプロミスが対応した事により、原則24時間振込融資が可能になりました。


そのため、楽天銀行などのネット銀行をはじめ自分の任意の口座をプロミスの瞬フリで利用することはできないですが、平日であれば原則24時間振込融資が可能ということになります。

三井住友銀行は日本国内では有数の大手都市銀行なので、給与振込口座など何らかの形で利用している人も多いのではないでしょうか。

また、ジャパンネット銀行は支店をもたないネット銀行なので、口座開設をはじめすべての取引はネット上で行うことができるため、忙しくて銀行まで行けないという人の場合はジャパンネット銀行での口座開設がおすすめです。

もしも現状でいずれの銀行に対しても口座を持っていない、ということであればこの機会に口座を開設しておいても損はないでしょう。

 

もうひとつ注意したいのが瞬フリが可能な時間帯です。


瞬フリにはそれぞれの銀行ごとに瞬フリの停止時間が設定されており、以下のようになっています。

三井住友銀行 毎週日曜日 21:00~翌週月曜日7:00まで
ジャパンネット銀行 毎週月曜日 0:00~7:00 第三金曜日22:50~翌土曜日7:00

上記の時間帯は「瞬フリ」の対応ができませんが、それ以外の時間帯であれば土日祝日関係なく利用することができます。

文字通り「瞬時」ともいえるスピードで入金が実行されるプロミスの瞬フリ、こうした注意点を知っておくことでさらに便利に活用することができるようになるといえるでしょう。